Voz de las estrellas. ~躁うつ病と戦うオトコの日記~

思いつくまま、気の向くまま。明日はどうなるかは分かっていないが。

阪神ジュベナイルフィリーズ(予想編)

競馬フォルダを作っているなかで、結果のことだけ書いてもしょうがない。

それには理由がありまして。別で予想しているんですね。

estrellajiro.net

ということで、予想編と結果編とでブログを作ろうと思いました。

となると、自然とブログの記事が簡単に書けるという。好循環。

ちなみに、テストとしてMarkdown方式で書いてみたんですが、慣れが必要ですね。

よし、次からも頑張ろうっと。

たぶん次回は阪神ジュベナイルフィリーズ結果編になると思います。

眠気vs.オレ。

最近、眠い。眠気がすぐに襲ってしまうのだ。

眠気の原因

原因はいくつかある。夜更かし、服薬、無理な起床…

夜更かし問題

まず、夜眠れない。
ある程度放っておけば眠れるのだが、その時間が結構長い。

なので、様々な方法で眠くなるよう努力しているのだが、逆効果なことも。
こうやってブログ書いているのも集中してしまって目が冴えてしまうし。
radikoで色々と聴いていると慣れてしまって聴き入ってしまうし。
そのため、深夜ラジオがまた好きになってしまったり。高校生以来だよ、こんなの。

服薬問題

そして、服薬。
夜は眠れないから仕方ないのだが、朝に飲む薬に眠気を覚えるものがある。

そのため、クルマや重機などの運転が勧められていない。
よって、長距離の通勤ができないので、働きたくても働けない。
働ければ気の持ちようで眠気も飛ぶのかもしれないが。
でも長距離通勤はカラダにこたえるので、やりたくない。これ、マジ。

起床問題

そして言われているのが、無理な起床。
いつ復帰してもいいように朝アラームを鳴らすのだが、これが効果ない。
アラームの音に工夫を凝らしてみるが、効果はない。

理由はひとつ。二度寝してしまうからだ。
二度寝をしたら最後、妻が出勤するころになってやっと目が覚める。
というか、起こされるといっていい。
いけないのが、それから30分以上また浅い眠りに陥るのだ。

起きてからの眠気

今の生活状態

こうして起きたボクは、遅めの朝食を摂って、風呂に入って目を覚ます。
そして部屋にこもってブログの更新をしたり、アクセス数の確認などをする。

しかし、眠気というのはいつやってくるのかわからない。
昼食前にやってくることもあれば、皆さんと同じように、昼食後にやってくることもある。
となると、部屋が狭い(約2畳)ので廊下で突っ伏したり、リビングのソファに横たわったりする。
気づくと結構な時間がたっていることが多くて、罪悪感が出る。
「また眠ってしまった」「職場復帰してこんな感じだったらどうしよう」など。
躁うつ病うつ状態に陥るのである。

躁うつ病と今後

最近だとそれほど躁状態になっていないので(宝塚観劇したのに)、あとはうつ状態が落ち着けばいいのだろうが、この眠気問題でまたうつになる。

どうしたらいいのかわからないが、できることなら年明けから復職に向けて頑張ってみたい。眠気さえ取れれば、どんな仕事も頑張れそうな気がする。
そのためには新たな人事異動がないといけないのだが…

ビバ、タカラヅカな話。その2

SUPER VOYAGER!を観てから

希望、希望。

先日宝塚歌劇団を見に行ったときの話から。
ちなみに簡単な感想はこちらに。

estrellajiro.hatenablog.com

重ねて言いますが、最高のショー。
歌のうまいトップコンビ。何でもこなせるスターのみなさん。
オープニングからエンディングのパレードまで「楽しい」空気を満喫することができました。

f:id:estrellajiro:20171205125130j:plain

望海風斗、真彩希帆のトップコンビの名前から取られたと思う「希望」コンビ。
その帆は「希望」の海へと順調に進めていました。
彩のある美しい風に乗って。

希望の海とは?

ショーを味わった後に思ったこと…
ボクにとっての「希望の海」とは?
どこにその海があるのだろうか?

今、「希望」のないボクにとっては、非常に考えさせられる問題となりました。

でも、答えは、理想は、出ているんでしょうけど。
その答えが確信できたら、あとは風を探して帆を張りたいと思います。

人生を救ってくれた宝塚

救ってくれた恩

で、宝塚には人生を救ってもらったという話をしました。
それはこちらに。

estrellajiro.hatenablog.com

今もですが、本当にここ数年、人生がすぐれていませんでした。
人生設計を書き直す必要があるかもと思う日々でした。

そんななかで、妻に連れてもらって観た雪組公演。
そこで感じたのは、「夢」を持って生きている人たちの美しいこと。
純粋に「美しい」「カッコいい」ものに出会えた気になりました。

そこから「少しでも頑張ろう」と思えるようになれたのです。
今でも躁うつの状態の波が襲ってきますが、映像などを見て少し和らげています。
なんかのセラピーではありませんが。

雪組から見えたもの

その当時の雪組早霧せいなさんがトップ就任のとき。
だから結構最近なんですね。ホント最近。

で、そのときの雪組で見えた景色は多彩な景色。
「和物の雪組」と言われるように着物で立ち回る姿に勇ましさをみたり。
ショーの煌びやかな衣装に心を奪われることもあり。
とにかく、様々な景色を味わったここ数年でした。

その景色が生きる力となっています。
最初はそれほどではなかったのですが、次第に気づいていくことになり。
その音、その光景がパワーとなっていくのがわかります。

HOPE

それはトップが引き継がれてからも変わることなく。
その多彩な景色がどれだけパワーをもたらしてくれるか。
そのパワーで自分の理想に突き進めていける。
そう思ったときにどれだけ勇気づくか。
大げさかもしれませんが、今生きているのも雪組の、宝塚のおかげなのかもしれません。

今日も宝塚に救われた。
そう思って一日生きる。そう考えるようにした。
大げさですけどね。

ボクに「希望」の海が広がる日が来るだろうか。
それを今、切実に待っている。
待ちながら、宝塚の本を読むこととしよう。

f:id:estrellajiro:20171205125318j:plain

こんな感じで希望の海へ行けるように準備はしとかないとね。